uramura_jimotokennsyuu3

応援募集 注目

浦村で地元を学ぶ従業員研修 サン浦島・悠季の里 × Anchor. 漁師の貸切アジト

「こんな時だからこそ、もっと地元のことを従業員にも知ってもらいたい。」

そんな思いから、サン浦島・悠季の里さんとAnchor. | 漁師の貸切アジトさん、地元の漁師さんの連携の元、

「地元を学ぼう 浦村企業研修会」

が2020年5月21日(木)に開催されました。

サン浦島・悠季の里さんでは、毎年5月に実施される従業員向けに研修を実施されています。今回の「地元を学ぶ」研修は、初めての取り組みです。

研修では、浦村の漁師 孝志丸水産の浅尾大輔さん、Anchor. 漁師の貸切アジト オーナーの行野慎平さんのアテンドを中心に、

  • 座学 お二人の目線で浦村の魅力を伝える講座
  • お昼は小白浜でのBBQ体験
  • 浦村あさり養殖場での実地研修
  • 小白浜の清掃
  • 牡蠣加工場見学
  • 鳥羽商船生開発 YOU魚キャッチャー(カメラ付き籠編サービス)見学
  • 牡蠣養殖筏の実地研修
  • 実地研修を終えての「浦村でしてみたい 未来ワークショップ」

と盛りだくさんの内容。はじめは表情の固かった研修参加者も、次第に笑い声も響き、終始楽しみながら地元を学ばれていました。

地元を学ぼう 浦村企業研修会の様子

トバ箱
まずは座学の様子。場所はサン浦島・悠季の里さんのお部屋です。
uramura_jimotokennsyuu16

サン浦島・悠季の里で働く12人の従業員さんが参加。

uramura_jimotokennsyuu19

座学後に訪れる牡蠣養殖のお話、アサリ養殖などのこれまでの活動をご紹介する漁師の浅尾さん。

uramura_jimotokennsyuu18

水産現場で働く漁師さんたちのカッコよさに惹かれたお話や、浦村に関するクイズを交えながらお話するAnchor. の行野さん。

座学を終えたら、次は海の博物館近くの小白浜海岸へ移動します。好天にも恵まれた気持ちの良い日です。

参加者たちでテントを組み立てたり、火を起こした食材を焼いたりと、BBQを実践しながら体験。

uramura_jimotokennsyuu5

最高のロケーションです。

uramura_jimotokennsyuu6

息を合わせて組み上がっていくテント。

uramura_jimotokennsyuu7

ここから後半戦。現地研修前にパワーを補います。

トバ箱
後片付け後に向かったのは、BBQをした場所から歩いてすぐの小白浜海岸へ

小白浜海岸で漁師さんたちは、アサリの養殖に取り組まれています。

昔はたくさんいたアサリも、今では砂地を掘り起こしてもなかなか巡り会えません。

アサリ養殖では砂浜にネットを設置して、そこにアサリの稚貝が入ります。そして、アサリの稚貝が入ったネットは砂から掘り起こしたり、定期的に手入れを続けることで、アサリは大きく育っていきます。

参加者はそんなお話を漁師さんから聞きながら、自分たちの手で砂地を掘り起こし、学びます。

uramura_jimotokennsyuu220

ゴム手袋を装着して準備万全。

uramura_jimotokennsyuu19

養殖ネットの中からアサリを見つけて、取り分けていきます。

uramura_jimotokennsyuu4

アサリがこちら。ちなみに漁師さんがアサリを見れば、雰囲気で生きているかどうかわかるそうです。

アサリの養殖場実地研修を終えた後は、小白浜海岸の清掃を実施。

uramura_jimotokennsyuu8

プラスチック袋や容器、ロープなど、たくさんのゴミを拾っていきます。

uramura_jimotokennsyuu10

約20分後には袋がパンパンになりました。

uramura_jimotokennsyuu9

たくさんのゴミが集まりました。

トバ箱
場所を移動して、小白浜海岸の海向かい「Anchor. 漁師の貸切アジト」へ移動します。
uramura_jimotokennsyuu20

山善水産さんの牡蠣加工場にお邪魔して、ここでは何が行われているかを説明する浅尾さん。

uramura_jimotokennsyuu11

桟橋には鳥羽商船生開発の遠隔でカメラ越しに仕掛けカゴのフタを閉められるYou魚キャッチャーをあげてみます。

uramura_jimotokennsyuu12

中に入ったゴンズイにコウイカなど見て、思わず笑顔が溢れます。

トバ箱
続いてライフジャケットを装着して、桟橋から船で浦村の海へ。牡蠣筏の養殖現場に向かいます。
uramura_jimotokennsyuu14

昨年、10月頃から浦村の海で育まれている牡蠣の大きさをチェック。

uramura_jimotokennsyuu2

実際に見て、体験して、学ぶと理解がより深まりますね。

uramura_jimotokennsyuu1

船上では漁師さんと行野さんの会話やペーペークイズで、場も盛り上がります。

uramura_jimotokennsyuu3

筏の上で記念撮影。普段、見慣れていてもはじめて筏に乗る参加者も。

トバ箱
牡蠣筏を後にして、Anchor. | 漁師の貸切アジトへ戻ってきました。研修の最後はワークショップです。
uramura_jimotokennsyuu13

研修を振り返ります。身近な地元は、魅力で溢れていましたか?

uramura_jimotokennsyuu22

その答えは、参加者の発表を見れば一目瞭然。

トバ箱
従業員の方たちからは、今までで一番楽しかった研修との声も。同行させていただいた私自身も、終始楽しく学ばせていただきました。

サン浦島・悠季の里までのアクセス方法

店名サン浦島・悠季の里
住所〒517-0025 三重県鳥羽市浦村町1215−5
定休日年中無休
客室32室
電話番号0599-32-6111
WEBサン浦島・悠季の里公式WEB
駐車場大型バス2台、乗用車40台
アクセス鳥羽水族館から車で14分、海の博物館から車で4分
備考鳥羽駅からの送迎バスあり※.事前に予約が必要です。詳しくはサン浦島・悠季の里公式WEBをご確認ください。
トバ箱
サン浦島・悠季の里さんには、日帰り温泉もありますよ。

「地元を学ぼう 浦村企業研修会」お問合せ先/Anchor. | 漁師の貸切アジト までのアクセス方法

「地元を学ぼう 浦村企業研修会」 問合せ先
Anchor.漁師の貸切アジト
info@anchorajito.com
070-1645-2221(10:00~17:00)
※状況によって電話に出られない可能性もございます。

店名Anchor. | 漁師の貸切アジト
住所517-0025 三重県鳥羽市浦村町1558-5
定休日なし ※.臨時休業あり
ご利用人数最大 29名
mailinfo@anchorajito.com
WEBAnchor. | 漁師の貸切アジト公式WEB
駐車場約5台前後 ※.日によって変動あり
アクセス鳥羽水族館から車で18分、サン浦島・悠季の里から車で3分
備考完全予約・貸し切り制の民泊施設です。宿泊以外にも、漁村アクティビティなど特別な感幸体験サービスも提供しています。
トバ箱
サン浦島・悠季の里さんから、車で約3分です。オイスターファーム 山善水産さんの真下になります。目印 山善水産さんの黄色い看板を左です。

-応援募集, 注目
-

© 2020 トバ箱