IMG_5509hajimechan_5

応援募集 注目

鳥羽市地域おこし協力隊 映像クリエイター 佐藤創さん講演「鳥羽に暮らして!」

−最初はとっつきにくい感じで大丈夫かなって思ったけれど、話しやすくてしっかりとした青年で。

佐藤さん「市役所に通報されたこともありましたからね(笑」

-はじめて笑ったときには"はじめちゃん"が笑ったってみんなで笑ってね。私たちは、そんなはじめちゃんを応援したい。

hajimechan_7

そんな地域おこし協力隊の佐藤創さん(以下、佐藤さん)と住民とのやりとりに、会場は和やかな雰囲気に包まれていました。

2017年7月に鳥羽市の地域おこし協力隊となった佐藤さんは2021年6月末で任期を終えます。7月以降は鳥羽市に定住し、映像制作をしながら新たに飲食店の開業予定です。鳥羽市藤之郷の空き家を購入し、現在、DIYで着々と工事を進めています。

そんな"はじめちゃん"の愛称で地元住民に親しまれる佐藤さんの地域おこし協力隊の節目として、2020年6月21日(日) 鳥羽大庄屋かどやにて、講演「鳥羽に暮らして!」が開催されました。

本記事ではそんな、地域に愛される佐藤さんの講演の様子をお伝えしていきます。

鳥羽にきたきっかけは?鳥羽だけは他の自治体と違っていた

hajimechan_9

大庄屋かどやでの講演の様子。

佐藤さんが鳥羽の地域おこし協力隊として活動する以前は、住まいも職場も東京都。人形模型アニメーションなどの創作活動をしながら、映像会社でのアニメーション制作に従事していました。

東京で日々を過ごす中で、都市圏に映像制作の仕事が集中していることに疑問を持っていた佐藤さん。また、いつかはフリーランスとして活動してみたいという思いを抱いていました。

そこで目に止まったのが、「地域おこし協力隊」でした。地域おこし協力隊の活動は、自分のやりたいことで地域の課題を解決していくこと。興味関心を持った佐藤さんは即行動に移します。各自治体の集まる会場に出向き、自分の映像制作技術を売り込んでいきました。

hajimechan_2

佐藤さん「いろんなところに行って、正直門前払いを受けました。でも、鳥羽だけは違いました。」

まずおいでよ、とはじめて訪れた鳥羽日の夜・・・佐藤さんは鳥羽なかまちの会議の席に座っていました。えっ、ここにいていいの?と明らかに他の自治体とは異なる印象を受けながら、住民と深い交流もできたことが決め手に。そして佐藤さんは2017年7月、鳥羽の地域おこし協力隊となりました。

仕事の暮らしは? 暮らしの中に仕事があり、仕事の中に暮らしがある

hajimechan_8

地域おこし協力隊では、主に映像制作を中心に幅広く活躍。鳥羽なかまちでの活動では、鳥羽なかまちマーケットの映像コマーシャルの制作や竹あかりのデザイン、屋号旗制作などに取り組みました。

佐藤さん「みなさん、失礼ですけどいいお歳なのにとても熱心で。どの活動もとても新鮮でした。」

また、石鏡町のプロモーション作品「うみねこ いじかさんぽ」は、三重県主催の県広報コンクール映像部門で特選を受賞。以下、佐藤さんの一部作品のご紹介です。

仕事以外でも地域活動で活躍。地域の消防団での活動やお祭りの天狗役など。2020年10月に妙慶川で開催された「ヒカラセナイト」のポスターや実はトバ箱の「カモメくん(仮)」も佐藤さん制作です。

バナー600x200

地図イラスト

たくさんの人の熱意に応えて、打ち合わせを重ねながら3年間で出来上がった作品の数々。地域の人々と一緒に創り上げてきたからこそ、"はじめちゃん"と慕われている今に繋がっていました。

佐藤さん「結局のところ、暮らしの中に仕事があるし、仕事の中に暮らしがある。」

東京暮らしでは隣のひとの名前もわからない環境でした。何かあれば、○○さんにお願いしなよと個人の名前で話が進む鳥羽暮らし。佐藤さんとてもは居心地が良かったと話します。

これまでを振り返って 鳥羽を選んで良かった

hajimechan_4

  • 地域に馴染めない
  • やりたいことをやらせてもらえない
  • 市職員と同じ仕事をさせられる
  • 何をしたらいいかわからない
  • 地域行政に指示されるのはいや
  • 将来の展望がみえない

上記は、地域おこし協力隊で語られるマイナスイメージ。

佐藤さん「僕は最後以外は感じたことはありません。鳥羽を選んで良かったです。」

これからフリーランスとして活動をはじめる佐藤さん。大庄屋かどやさん近く に今冬オープン予定のスタジオ兼飲食店も楽しみです。

トバ箱
トバ箱読者のみなさまも、ぜひ"はじめちゃん"の応援をよろしくお願いします。トバ箱の仲間も全力応援してます!

会場となった鳥羽大庄屋かどやさんのご紹介

店名鳥羽大庄屋かどや
住所〒517-0011三重県鳥羽市鳥羽4-3-24
定休日毎週火曜日(祝日の場合は開館)
年末年始(12月29日~1月3日)
営業時間10時〜16時まで(入館は15時45分まで)
電話番号0599-25-8686
WEB鳥羽大庄屋かどや
駐車場あり
アクセス近鉄中之郷駅から徒歩約5分、鳥羽水族館から徒歩約8分
備考
トバ箱
かどやさんの通りは地元民がよく利用する裏道ですので交通量が多いです。車で起こしの際は、安全運転を心がけましょう。

トバ箱では新たな取り組みを応援!情報を募集中です。

トバ箱に情報をお寄せいただきましたら、ご紹介させていただきますのでお気軽にメッセージをください。

下記、お問い合わせフォームまたはfacebookメッセージにてお願いします。

お問い合わせはこちらから

トバ箱 公式facebook

-応援募集, 注目
-

Copyright© トバ箱 , 2020 All Rights Reserved.